身長を伸ばすにはどうすればいいのでしょうか?せめて芸能人の平均身長くらいにはなりたいですね。低身長を克服して、理想の身長・体重を目指しましょう!
気になる芸能人の身長といえば、女優の北川景子さんが160cm、小室哲哉(哲也)さんが167cm、木村拓哉さんが176cm、山田涼介さんが160cm(まだまだ成長期で成長中!?)、アメリカ大統領のオバマ氏が187cm、俳優・歌手の福山雅治さんが180cmとなっています。

低身長を克服しよう

低身長を克服

身長を伸ばす方法はあるのでしょうか?

やはり一般的に言われるように、
成長期の適度な運動と食事(カルシウム・たんぱく質の摂取)、
睡眠が重要です。



低身長はコンプレックスになりますが、低身長でも頑張れば
背を伸ばす方法はあるのでしょうか。



・身長を決定する要因

身長は主に成長ホルモンの分泌によって左右される。
(第二次性徴期の身長の伸びは、あまり個人差が無い)とされる。

そのため、身長の伸びが著しい第一次性徴の期間で
どれだけ身長を伸ばせるかが重要で、これが大人になってからの
身長を左右しやすい。


したがってこの年代の偏食(蛋白質不足)や不規則な生活、
ストレスが無いようにしたい。

特に「規則正しく、快適に、十分な時間の睡眠をとる」ことは、
身長の伸びに限らず成長に大切である。





■予測身長とは?

両親の身長から将来の自分の身長を
大まかに計算することも可能です。

予測身長とよばれ、男子は(両親の身長+13cm)/2、
女子は(両親の身長-13cm)/2 として算出する。


他にも幾つか細部が異なる計算方法もある。

概ね、この数値の誤差9cm以内で収まるのが一般的だが、
成長期に身長が伸びる環境として理想的な過程を送ったり、
またはその逆の個体ではその限りではない。


理想的とは「適度な運動での骨への刺激、タンパク、
カルシウム、その他充分な睡眠」、などを指す。


予測身長から予想される発育プロセスから異様に乖離した個体
に対しては、ホルモン分泌の異常が疑われることもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




予測身長なんていう公式があるんですね。

私が実際に計測してみたら、ほぼ今の身長と同じになりました。
やはり両親からの遺伝というものも身長には関係ありそうですね。

実際に親が低身長だと、子供も背が低い人が多いと思います。
しかし遺伝を克服して、両親が低身長でも子供は背が高いという
例もあるとは思います。

そんな例を研究していけば、遺伝だけでない身長の伸ばし方が
分かるかもしれませんね。


この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4568199

この記事へのトラックバック